身体均整法とは

亀井 進 師範によって創始された調整法です。

身体均整法は、身体の歪みを整える施術です。マッサージや指圧とはまったく異なる独特でソフトな全身手技調整法です。

 

 

身体均整法は、からだを12種の体型(フォーム)に分類し、運動系の機能には3原則があると考えます。

12種体型とは?

12種体型は身体均整法の根幹であるといわれています。身体を頭、上半身、下半身、胸部、骨盤、四肢(筋肉)の6つ、さらに各陰陽に分け12種となります。

F1・F2頭脳系(前屈後屈動作)  F3・F4消化器系(左屈右屈動作)  F5・F6泌尿器系(右回旋左回旋動作)

F7・F8呼吸器系(伸びる縮む動作)  F9・F10生殖器系(内旋外旋動作)  F11・F12循環器系(内転外転動作)

このように動作や内臓系を観察して12種の体型(フォーム)にあてはめます。

 

12種体型の特徴は次の通りです。

 

F1【頭脳型】陽性

【痩せ型】

・ 前に重心がかかり前側が抑制的に働いて後側の方が活発で 興奮性が高い。
・ 何事にも頭を使うことが先にくる。
・ 理屈に合わないと行動しない。
・ すべての病気は頭を鎮静させると治りやすい。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎4番・胸椎5番・腰椎1番・仙椎4番

 

 

F2【頭脳型】陰性

【肥満体】

・ 後ろに重心がかかり、後側が抑制的に働いて前側が興奮的に働く。
・ 上胸部に力が集中して硬くなっている。
・ 頭を受身に使い、周囲気にして積極性に欠ける。
・ 臆病で脳が疲れやすい。

(ストレスのかかる椎骨)
胸椎1番・胸椎9番・腰椎5番

 

 

F3【消化器型】陽性

【タンパク質が充実】

・ 左側に重心がかかり、左側が抑制的に働く。
・ 右側が興奮的に働く。(F4はその逆)
・ 右側の消化系(肝臓)の働きがよく、消化吸収力が強い。
・ 喜怒哀楽が食べものに直結する。
・ 味よりも量を選ぶ。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎1番・胸椎2番・胸椎10番・仙椎1番

 

 

F4【消化器型】陰性

【タンパク質が欠乏】

・ 右側に重心がかかり右側が抑制的に働く。
・ 右側が抑制されているために肝臓の働きが鈍く、満腹感があって食べられない。
・ 心身のストレスが食欲不振に直結する。
・ 量よりも味を選ぶ。
・ 固執性が強く転換性がない。
・ 金銭より名誉を重んじる

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎5番・胸椎6番・腰椎2番・仙椎5番

 

 

F5【泌尿器型】陽性

【強情我慢】

・ 上半身を右へ捻っているので、身体の重心は右足の踵と左足の母指を支点にして支えている。(F6はその逆)
・ 右上半身と左下半身が抑制的。
・ 左上半身と右下半身が興奮的に働く。
・ 興奮すると尿意が近くなる。
・ 強情で方向転換ができない。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎2番・胸椎3番・胸椎11番・仙椎2番

 

 

F6【泌尿器型】陰性

【外強内怖】

・ 左上半身と右下半身の運動系が抑制的で、右上半身と左下半身が 興奮的に働く。
・ 緊張すると尿意が止まったり、便秘になったりする。
・ 陰性的で見栄っ張り、決断力に乏しい。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎6番・胸椎7番・腰椎3番・尾椎

 

 

F7【呼吸器型】陽性

【自己顕示的】

・ 上半身の運動系が抑制的に、下半身が興奮的に働く スポーツマンタイプ。
・ 肋骨の形に特徴がある。
・ 気ぜわしくエネルギッシュで疲れに鈍感である。
・ 短気で喧嘩早く、手出しが早い。
・ 感情が呼吸器に直結。

(ストレスのかかる椎骨)
胸椎1番・胸椎9番・腰椎5番

 

 

F8【呼吸器型】陰性

【自閉性孤独的】

・ 下半身の運動系が抑制的に、上半身の運動系が興奮的。
・ 下半身の血液循環が悪いので冷え性が多い。
・ 風邪をひきやすい。
・ 偏食の傾向がある。
・ 強情の反面気が弱い。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎4番・胸椎5番・腰椎1番・仙椎4番

 

 

F9【生殖器型】陽性

【女性に多く美人が多い】

・ 臀部の運動系が抑制的。
・ 腹部が興奮的に働く。
・ 関節の開閉に特色があり一切のものを生殖器に結びつける。
・ 働き者で疲れを知らない。
・ 男女とも精力絶倫。
・ 女は安産・多産・長命型。
・ 骨盤の形に特色がある。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎7番・胸椎8番・腰椎4番

 

 

F10【生殖器型】陰性

【女性に多い】

・ 腹部の運動系が抑制的に、臀部の運動系が興奮的に働くので お尻を左右に振って歩く。
・ 愛嬌がよく世話好き。
・ 勘定高く、仕事覚えは早いが、することは雑である。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎3番・胸椎4番・胸椎12番・仙椎3番

 

 

F11【循環器型】陽性

【固執性が強い】

・ 全運動系が抑制的に働く作用が強い。
・ 骨格筋に可動性を欠き、年令より老けてみえる。
・ F11・F12とも血液の循環が悪い。
・ 体力がないので動作が鈍い。
・ 筋肉の質と量に特色がある

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎2番・胸椎3番・胸椎11番・仙椎2番

 

 

F12【循環器型】陰性

【全体に活気がない】

・ 運動系が興奮的に働く作用が強い。
・ 身体が柔らかすぎて異常に動き過ぎる。
・ 身体をくねらせて重心を調節する。
・ 動作がスロー。
・ 自立心に乏しく意志薄弱。
・ 軽い病気でも悪化する傾向がある。

(ストレスのかかる椎骨)
頚椎6番・胸椎7番・腰椎3番・尾椎

 

 

 

3原則とは?
1.平衡性・・・形が整っているか、いないか?(主に骨格系・バランス)
2.可動性・・・動きやすいか、にくいか(主に筋肉系)
3.強弱性・・・力がはいるか、はいらないか?(主に知覚・神経系)

この3つの原則で成り立ちます。

 

この3つの原則は
平衡性が変化すると、その強弱性・可動性も変化する。

可動性が変わると、平衡性や強弱性も変化する。
強弱性が変わると、平衡性・可動性も変化する。

この様に3つの原則は相関しています。

 

 

身体の動きと姿形、身体の部分と臓器、疾患、症状などは、それぞれ相関しています。人間の行動や病気、症状は、多種多様ですが、それらを三原則に集約して対応するのです。
身体の動き、形、力は、脊柱の椎骨に集約され表現されています。そこで椎骨の三原則の状態を観察して修復する手技をほどこします。

 

鍼(はり)灸(きゅう)

東洋医学は経験の科学といわれます。

 

◇鍼

髪の毛ほどの太さの鍼から、爪楊枝ほどの太さの鍼を使い分け、鍼を身体の表面に接触あるいは刺入し、一定の刺激を与えます。

 

※鍼を刺入するときは細心の注意をしながら施術をいたしますが、たまにチクッとしたりズキッと痛みを感じるときがあります。

※鍼を刺した場所が内出血してアザができることもありますが、時間の経過と共に消えます。

※鍼は使い捨ての鍼を使用しています。

 

◇灸

灸(艾・もぐさ)あるいはそれに代わる物(棒灸他)を用いて、身体の表面に温熱効果を与えます。

 

これらの刺激によって起こる生体反応を、疾病の予防、身体の内部環境のバランス、自然治癒力の向上を図る療法です。